大学入試にも役立てる!プログラミング検定を受験するメリットと基本情報をご紹介

このサイトでは、大学入試にも役立てることができるプログラミング検定を受験するメリットと基本情報を具体例を交えて詳細に紹介しています。
この検定は難しいものと言われることもありますが、このサイトでは無事合格するために心得ておかなければならないポイントなどを詳細に解説しているほか、試験を受けることで自分自身では気づきにくい様々な課題とアドバイスが、自分自身で理解することができることも具体的に示しているのが特徴です。

大学入試にも役立てる!プログラミング検定を受験するメリットと基本情報をご紹介

プログラミング検定は自分のプログラミングの能力を試すために非常に有効な手段となっており、IT系の技術者にとっては有益な試験と言われることが多いものですが、実際にはそれだけではありません。
特に大学入試の際に様々な技術的な内容の問題を解く場合、その論理的な考え方が身に付くと言う意味でも非常に有効な資格となっています。
プログラミング検定は、与えられた課題を自分の知識と論理的な考え方をもとに解いていくものとなるため、論理的な思考を身に付けていなければ正確な答えを導くことができないため、これを受験することで大学入試うだつものとなっているのが特徴です。

プログラミング検定を受験するメリットとは

プログラミング検定のニーズが高まっていることには、いくつかの理由があります。
そのなかでも特に大きいのは、受験によるメリットの多さです。
学習のモチベーションを保ちやすいこともそうであり、勉強を始める時点で受験を決めるケースもよくあります。
合格という確固たるゴールができることで、目的意識を持って適切なステップを踏んでいけます。
プログラミング検定に合格したからといって、プログラマーになれるとは限りません。
現場で活躍するには、もっと実践的なノウハウを習得する必要があるからです。
しかし、その素養を鍛えることは十分に可能なので心配しなくても大丈夫です。
プログラミング検定をクリアした段階で、順調に学習を進められていることが分かります。
もちろん、仕事をする際にプラスになるケースも見受けられます。
求人に応募するときやフリーランスの仕事を受けるときに、合格の実績があることで相手は安心して対応しやすくなるでしょう。

プログラミング検定は小学生から受験が可能?

プログラミング検定にはいくつかの種類があり、実力や学年に合わせて受験することができます。
小学生から高校生向けのプログラミング関係の検定としておすすめなのが、ジュニア・プログラミング検定でしょう。
ビジュアルプログラミング言語の一種であるScratchを使用して検定を行うもので、1級から4級まで挑戦することができます。
日商プログラミング検定は受験資格が設定されておらず、誰でも受験可能です。
こちらもScratchを使った論理的思考のテストがメインとなっていますが、レベルに合わせて小学生でも挑戦しやすいのがポイントです。
プログラミングの腕試しをしたいならキッズプログラミング検定です。
1級から10級までレベルごとに内容が分かれ、基礎知識をチェックするために子供が挑戦しやすいようになっています。
この検定ではレベル1から4まではビジュアルプログラミング、5からはテキストプログラミングでの出題となります。

プログラミング検定は初心者でも受験できる?

検定で自分の実力を測れば、どんなレベルにあるのかを知ってその後の学習に活かすことができます。
プログラミング検定は対象条件や年齢が設定されておらず、初心者でも気軽に挑戦できるものが複数存在しています。
日本商工会議所が設置した日商プログラミング検定などはその代表で、特別な条件などはなく誰でも受験可能です。
日本商工会議所が出題することからビジネス関係でも信頼がおける検定として評価が高く、毎年多くの人が受験しています。
自分の実力に合ったレベルで受験することができるため、合格を目指しながら基礎力を磨きたい時にも最適です。
子供が受験するならキッズプログラミング検定なども良いでしょう。
プログラミングを学ぶ小学生のために創設された検定で、ScratchとQUREOの2種類の言語を使って試験に挑戦可能です。
キッズプログラミング検定で対象となっているのが小学生のみですが、小学生であれば初心者でも受験できます。

レベル別の出題内容で無理なくレベルアップして受験できるプログラミング検定

最初から上級者がやるような課題に挑戦すると壁の高さに圧倒されてしまい、勉強のやる気を失ってしまう可能性があるのでまずは初心者向けのものから取り組んでいき、徐々にレベルアップしていくのがおすすめです。
プログラミング検定の勉強をする場合はレベル別の問題を用意している教材や教室などを利用するのが良いです。
しっかりと地力をつけながら進んでいくことで着実に学力が身についていきます。
プログラミング検定には小学生、中学生、高校生と成長に合わせらレベル別プランもあります。
小学生の段階ではまずは楽しみながら学ぶことを大事にしていて、問題が解ける喜びなどを重視したカリキュラムを設けることが多いです。
中学生になると基礎から応用まで幅広く学んでいきます。
難易度の高い課題にも挑戦できるようになり、プログラミングのより深い部分を知ることができます。
高校生になると実践的なテクニックを学んだり、実際にプログラミング技術を使ってものづくりを行います。

著者:河瀬政文

筆者プロフィール

鳥取県鳥取市生まれ。
就職活動も有利になる、プログラミング検定のメリットについて発信しています。
プログラミング検定のスクール